医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2020/05/21
サ高住の現状

 今回は、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の現状について、国土交通省で開催された「サービス付き高齢者向け住宅に関する懇談会」で行われた調査結果報告の内容をご紹介します。

1.利用者数

 令和元年12月末時点のサ高住登録数は250,352戸で、利用者数は234,971人です。平成23年の制度創設以来、右肩上がりで利用者数は増加しています。

2.支援施設の併設状況

 サ高住の約8割が、1つ以上の高齢者生活支援施設を併設または隣接しています。併設施設の種類としては、通所介護事業所が43.7%で最も多く、次いで訪問介護事業所の40.9%、居宅介護支援事業所の25.4%が続きます。

3.支援サービスの提供状況

 全てのサ高住において、「状況把握・生活相談」サービスが提供されており、「食事の提供」サービスも96.1%のサ高住で実施されています。他にも「健康の維持増進」サービスが62.0%、「調理等の家事」サービスが52.2%で5割を超えています。「入浴等の介護」サービスは、5割を少し下回る48.5%でした。

4.看取りの実施状況

 最後に、看取りの実施状況についての調査結果をご紹介します。看取り率は、施設の利用を終えた人数(死亡による契約終了+病院・他施設等への転居)に占める、看取りの割合です。平成30年度のサ高住における看取りの実施割合は22.4%で、前年を3.3%上回りました。

 その他にも、入居費用や入居率のデータも紹介されています。詳しくは下記サイトでご確認ください。


参考:
 国土交通省「高齢期の居住の場とサービス付き高齢者向け住宅の現状に関する調査報告」PDF
 国土交通省「サービス付き高齢者向け住宅に関する懇談会について


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
 
お問合せ
テクノートプラス社労士事務所
〒144-0052
東京都大田区蒲田5-43-7-206
TEL:03-3739-9211
FAX:03-3739-9220
メールでのお問合せ

介護労務

認定アドバイザー

無料相談
マイナンバー
ベスト会議プロ