福祉経営情報
福祉経営情報
文書作成日:2018/02/28


 介護サービス全体の収支差率が下がっています。ここでは平成29(2017)年10月に発表された資料(※)から、介護サービス別に利用者1人あたりの収支に関するデータをご紹介します。




 28年度決算における、延べ利用者1人あたり収入と支出を介護サービス別にまとめると、下表のとおりです。金額の差はありますが、居宅介護支援を除く21サービスで収入が支出を上回りました。収支差率をみると、通所リハビリテーションと認知症対応型共同生活介護、小規模多機能型居宅介護が5.1%で最も高くなりました。ただし27年度決算では6%以上のサービスが複数あり、それに比べると低い状況です。






 収支差率が27年度決算を上回ったのは、22サービスのうち8サービスで、認知症対応型共同生活介護、福祉用具貸与、訪問看護、短期入所生活介護、通所リハビリテーションが0.5%以上の増加となりました。
 介護サービス全体の収支差率は27年度の3.8%が28年度は3.3%に低下しており、厳しい状況にあるサービスも少なくないようです。貴施設はどのような状況でしょうか。

(※)厚生労働省「平成29年度介護事業経営実態調査結果の概要
 全ての介護保険サービスを対象に、層化無作為抽出法により抽出した31,944施設・事業所を対象に29年5月に実施した調査です。有効回答率は47.2%です。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
 
お問合せ
テクノートプラス社労士事務所
〒144-0052
東京都大田区蒲田5-43-7-206
TEL:03-3739-9211
FAX:03-3739-9220
メールでのお問合せ




無料相談


マイナンバー


ベスト会議プロ